〇〇感想ブログ

目標:毎日更新!もろもろの感想をまったり綴るブログ。よろしければお付き合いください。

【スポンサーリンク】

図書館戦争【映画感想】

こんにちは。

先の連休中はステイホームだったため、映画やドラマをたくさん見ました!

主人はヘッドホンで、私はテレビからの出力で音を聞く、というのがスタンダードになりつつあります。

数年前、テレビを購入した時、ちょっと大きいインチにしたんですよ、実は。
今、その実力を発揮するときが来たようです。笑

 

図書館戦争

連休中に観た作品1作目は図書館戦争です。
この作品を選んだ経緯はズバリ脚本家です。
今まで何度かお伝えのとおり、今さら『逃げ恥』にハマりまして、おもしろすぎたので、同じ脚本家(野木亜紀子さん)の外の作品を観てみようと思った次第です。

野木さんのウィキペディアを拝見し、気になったのが『図書館戦争』だったわけです。
映画公開当時もそこそこ話題だったことは覚えています。
そして、主演が岡田准一くんと榮倉奈々ちゃんだということ、本に関する規制云々というざっくりとしたあらすじだけ何となく覚えています。
このように前情報が少ないながらも、野木亜紀子脚本に間違いはないハズ」という期待を膨らませつつ、観始めました。

あ、配信サービスがどこも対応しておらず(探し方悪いだけかもしれませんが)、TSUTAYABlu-rayを借りるという原始的かつ確実な方法で視聴しました。

図書館戦争 スタンダード・エディション [DVD]

 

観終えた感想

一言で言うと、私には合わなかった・・・でしょうか。
観た時間が悪かった(22時すぎから鑑賞開始)せいか、途中で寝てしまいました(;´Д`)
そのせいもあり、イマイチ話についていけず・・・。

ですが、起きて鑑賞を続けていた主人が
「寝てたから話についていけないと思うじゃん?ずっと観てても話はイミフだよ」
と言っていました。爆

現実世界では考えられない突拍子もない設定が合わなかったのか、ゴリゴリな戦争モノ(戦争と言っても本にまつわる部分ですが)っぽく見せつつ、間に挟む恋愛っぽいシーンが合わないのか・・・。

映画の評価サイトでも評価は上々だったのですが、我々夫婦的にはイマイチな作品でした。
(言わずもがな、あくまで個人の感想です。)

図書館戦争って、続編も映画公開されているんですよね。
一気に2本借りようとしたのですが、「万が一面白くなかったら困るから」と言って1本だけ借りてきた主人の英断、グッジョブでした。笑

でもでも、やっぱり岡田君はカッコイイし、榮倉奈々ちゃんかわいいし、俳優陣は演技も申し分なくて良かったです。
出演していたこと知らなかったですが、田中圭福士蒼汰栗山千明(敬称略)も出ていたんですねー!
栗山千明ちゃん可愛かったです( *´艸`)

 

そんなこんなで他にもいろいろな作品を観ましたので、ちょいちょい感想をあげていこうと思います♪
邦画ばかりなんですが、よろしければお付き合いください。

 

それでは、このへんで。

ブログランキング・にほんブログ村へ