〇〇感想ブログ

目標:毎日更新!もろもろの感想をまったり綴るブログ。よろしければお付き合いください。

【スポンサーリンク】

初めての・・・

こんにちは。

お恥ずかしい話、先日、初めてアサリを購入しました。
急に魚介類を食べたくなったんですよー!
手の込んだ魚介料理は外で食べるに限る!だったのですが、そう簡単に外食もできませんし・・・ということで家で挑戦した次第です。

魚の切り身を買って煮魚や照り焼きとかは作りますけど、貝は刺身を買うくらいしか経験がありません・・。

 

アサリの砂抜き

そうです。
敬遠していた理由は砂抜きにあります。
折角のおいしい料理も砂がジャリジャリしていたらガッカリですからね。
色々調べてみると、スーパーで売っているアサリはけっこうキレイらしく、砂抜きは30分~1時間程度で良いらしい。しかも砂を吐かないこともあるんですって。そのくらいキレイなんだとか。

 

レッツチャレンジ

3パーセントくらいの塩水にザルしいて、アサリをIN!
f:id:strbcs:20200601094955j:image
最初結構ズブズブに塩水に浸けてしまいましたが、半分浸かるくらいがいいんですってね。
ガッチリ閉まっていた貝が少し動きだす姿に感動・・!
生きてるんですね。
しかもかわいい・・・////
色々調べてみると、「アルミかけて冷蔵庫説」「水の温度は低すぎない方が良い説」「50度くらいの真水で5分説」「暗すぎても良くない説」「ガンガンまぜて水流をつくる説」色々あって混乱しました・・。

最初の数分は動いていたのですが、それからしばらく経つとまったく動かなくなってしましました・・・。
冷たすぎない温度、3%の塩水、アルミホイルかぶせてちょっと暗くした(空気は入るようにしました)んですが、何が良くて何が悪かったのでしょうか・・・。

貝は悪くなるとすぐに悪臭を放つそうで、とりあえず悪い臭いはなかったのでそのまま使いましたけどね!
ま、火を通すし・・。(火を通せばなんでもイケると思っている人間)

 

・・・という感じで初めての砂抜きは微妙に終わってしましました。
ま、結果だけいうとおいしくできたので、きっとアサリたちは生きてはいたのでしょうう。

このアサリを使って何を作ったのかは、また次回!(そんなに引き延ばす内容でもないので恐縮ですが・・・笑)

 

しっかし、砂抜き序盤の頃の動くアサリに感動しちゃいました。
かわいいですねー!
情が移って食べられなくなりそうだったので、あんまり見るのはやめたんですけどね。
そうしたら動かなくなっていた・・という悲しいオチ。

最終的には感謝しておいしくいただきました。

 

それでは、このへんで。

ブログランキング・にほんブログ村へ