〇〇感想ブログ

目標:毎日更新!もろもろの感想をまったり綴るブログ。よろしければお付き合いください。

【スポンサーリンク】

映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ感想

こんにちは。

主人と楽しく観ました!映画『マスカレード・ホテル』!!

 

映画の感想 : ☆3.4

私としては点数は中の上、といったかんじ。(やたら上から目線)
面白かったのですが、まぁそれほど騒ぎ立てるほどでも・・・。
ただ、自宅でAmazonプライムビデオで観たので、お菓子を食べながら、コーヒーを飲みながら、「あいつが怪しい」「ええ話や・・・」だの感想を言いながら観ることができ、むしろそっちが面白かったです。笑

マスカレード・ホテル DVD 通常版

 

では、さっそくネタバレ感想を。
以下、ネタバレ含むのでご注意ください。

 

『マスカレード・ホテル』ネタバレ感想

なんだか良い月9ドラマを半クール観た、という感じ。

キムタクと長澤まさみが初期はいがみ合いながら(いちゃつきながら)いろいろなエピソードを乗り越え、少しづつ互いに惹かれ合い、互いの住む世界がまじりあっていく様は、まさに月9ドラマそのもの!

最終回クライマックスでは、まさかの第1話が伏線になっていて、非常にまとまりの良い月9ドラマでございました・・・。

いやいやいや・・・。

これは1本の映画なのです。
1本の映画としてみたら、やっぱりちょっと全体の統一感が弱めかな。

ひとつひとつのエピソードが確かにつながりあっているのですが、そのつながりがちょっと弱いんですよねー。

東野圭吾の小説は好きで、かなり読んできましたが、例えば『秘密』『悪意』『容疑者Xの献身』とかにあるような、ラストに「ゾワゾワゾワーーーー!!!!」となる感覚はあまりなかったんですよね。

やっぱり、そこそこよくできた月9ドラマを半クール観た、という感想になっちゃいます。

ただ、オススメ度は高いです。
特に国内旅行好きの方にはオススメしたいです!
私たち夫婦は旅行が好きなので、「こんなホテル泊まってみたいなー」とか思いながら観ていました。
テルマンがあんなに使命感を持って働いているなんて、夢がありますよね!
つい、高級ホテルならサービスが良くて当然と思ってしまいますが(そもそも高級ホテルに泊まるチャンスなんてめったにないわけですが・・)当然、彼らも私たちと同じ人間なわけで。
そんな彼らが、葛藤や誇りを持ちながら一流のサービスを提供してくれていると思ったら、今後の旅行がより楽しみになります!

あと、なかなか主演二人の演技も良かったです。そこもポイント高いですね。
ステキなホテルマンを演じきった長澤まさみの演技も良かったですし、あと、木村拓哉の演技もすっごく良かったです。
始めは「あぁ、いつものキムタクだなー。(笑)」なんて思ったのですが、ものすごく繊細に心情の揺れ動きを演技で表現していて、圧巻でした。

長澤まさみの表情が徐々に柔らかくなってくるのと呼応して、キムタクの表情が徐々にホテルマンとしてプロフェッショナルになっていくんですよね。
ええ話や・・・。

ただ、なんというか、説明が難しいのですが、映画的ではないというのが最後まで気になりました。

映画だと、やっぱり1つの作品というテンションで観るので、複数話を通じて少しずつ変化していく、というのではなくて、あくまで1つの物語の中で、少しずつ登場人物の心情が変化していく、というのが観たかったです。

なので、繰り返しにはなりますが、月9ドラマとしては上々。
映画としては、中の上、という感じですね!

コロナが落ち着いたら舞台となった水天宮のロイヤルパークホテルにも訪れてみたいものです。

アマプラで観れますので、お時間のある方は是非。

 

それでは、このへんで。

ブログランキング・にほんブログ村へ